ニュース&インフォメーション

News & Information

オリジナル コスメのスキンケア美容液は常在菌を育てます。

常在菌とは?

最近、コスメ業界では「赤ちゃん菌」や「美肌菌」などという言葉を聞くことが多くなりました。これらの菌は全て常在菌と呼ばれている菌です。では何故常在菌がお肌にとってどのように良い菌なのかを説明しますね。

常在菌とは肌に良い作用をする善玉菌(表皮ブドウ球菌)でちょうど腸内のビフィズス菌のような物です。赤ちゃんが甘酢ぱいが匂いするので赤ちゃん菌とも言われているのはそのせいです。
善玉菌の表皮ブドウ球菌は、健康な皮脂を好みお肌をしっとりとし艶やかになっているのならこの菌が元気に暮らしていることになります。表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗を餌にして弱酸性の脂肪酸を作り出すとともに肌表面を弱酸性に保ちます。
また、常在菌はお肌をしっとり艶やかにするだけでなく弱酸性の脂肪酸が空気中のバクテリアやカビなどを殺してもくれます。元々肌には自己バリア機能が備わっているのです。
さらに、お肌の潤いが保たれる事によりお肌のターンオーバーが正常化(代謝)が改善され元々そなわっている自己再生能力が増し美肌に導いてくれます。
常在菌が元気に暮らしていれば乾燥肌に気を使う事も少なくなり潤い、ツヤ、ハリのある肌になりますよ。
綺麗な素肌を目指すには、常在菌が欠かせませんね。

悪玉菌とは?

悪玉菌とは「黄色ブドウ球菌」や「真菌」と言います。通常でしたら常在菌がいるはずなのですが、様々な原因で常在菌がいなくなると悪玉菌が増えてしまいます。悪玉菌は「黄色ブドウ球菌」や「真菌」などは、悪臭の原因でもあるアンモニアやインドールなどのアルカリ性の成分を作り出し肌荒れの原因になります。例えばオムツかぶれの原因は、オムツを変えないでいるとオシッコがアルカリ性なのでお肌が荒れてかぶれてしまうのです。お肌がアルカリ性にさせない事は大切なのです。
また、悪玉菌はアルカリ性を好みや空気中のバクテリアやカビなどをひこ寄せてしまう事があります。
悪玉菌は、アンモニアなどを出しお肌をアルカリ性に傾けさらにバクテリアやカビなども増えてしまう原因にもなりお肌の天敵ですね。

スキンケアをしっかりとしているのにお肌が荒れてしまう理由

先ほど常在菌は弱酸性の脂肪酸を作り出し肌表面を弱酸性に保つ事をお伝えしましたね。
では、常在菌がいなくなり悪玉菌が増えてしまう原因を説明します。
常在菌がいなくなる原因は、洗顔のし過ぎによる事と化粧品の化学物質による事が挙げられます。

テレビのCMや雑誌なので洗顔の広告がありますが、洗顔はお化粧を落とすためにしっかしと洗わないといけないようなイメージを持たれる方もいらっしゃると思います。しかし弱酸性の優しい洗顔でもしっかりと洗ってしまうと常在菌が居なくなってしまう事により悪玉菌に支配されてしまうのです。

洗顔後には化粧水や美容液などを付けて対処していますが、決してそれらのスキンケアで常在菌を増やしているのではありません。
また、化粧水や美容液などでスキンケアするよりも常在菌の出す弱酸性の脂肪酸にはかないませんよ。

日中に付けているお化粧品の化学物質も常在菌を殺してしまう成分も多くあります。もちろん今お使いの化粧品が悪い訳ではありませんがほとんどの化粧品とスキンケアでは自ら改善しようと導く常在菌がいない状態なのです。

どちらかと言うとスキンケア美容液は「自然療法」に近い方法でお肌を綺麗にしてゆきます。

主な成分は?

主な成分は、「α-グルカンオリゴサッカリド」「加水分解ローヤルゼリータンパク」!
「α-グルカンオリゴサッカリド」は「常在菌」の繁殖を助け、「悪玉菌」の繁殖を抑え「常在菌」を健やかに育てる状態へ導きます。
次に「加水分解ローヤルゼリータンパク」は荒れた角質を優しく包み込み荒れた肌のターンオーバーを正常にてし修復へと導きます。
スキンケア美容液は「常在菌」が過ごしやすい環境を整えてくれる美容液です。
また、自然の力を使う美容液なので敏感肌の方にも安心して使えます。
このレベルの美容液を10本からのOEMで販売できるメーカーはOPHだけですよ!

商品の店販売上げ向上で生まれるサイクルとは
スキンケア美容液を見てみる。
OPHのこだわり有料サンプルを見るお問い合わせ